物価上昇にあの手この手!?知っておきたい経済知識①

LINEで送る
Pocket

日本の経済が悪くなり
長く続いたデフレから脱却するために
安部政権は日銀と結託して『マイナス金利政策』を導入しました。

マイナス金利政策とは…
なにかしっかり答えられますか??

また世界のデフレに
日本が巻き込まれないために新たな金融・財政政策が打たれる可能性があります。

そのため
世界でちらほらと行われている
知っていて損は無い経済政策を詳しくご紹介します。

『非伝統的』な金融・財政政策は
今後日本を始め、デフレに頭を抱える国々で実行される可能性のある政策である。
知っていて損はない最先端な政策をご紹介します。

◇知っていて損はない経済政策その①:マイナス金利政策

今はもう昔のことであるが、
マイナス金利について子供にも分かりやすく説明できますか??

そんな、いまさら聞けない『マイナス金利』をご説明します。

《マイナス金利政策とは》
金融機関が中央銀行に保有する当座預金のうち、任意で預けている額にマイナス金利をつける政策。手数料を取られる形になる金融機関は、預金を企業や個人への貸し出しにまわすことが期待される。市中に出回るカネを増やし、結果として経済活性化を狙うが、金融機関の収益圧迫要因にもなるため、効果を疑問視する声もある。デンマーク国立銀行(中央銀行)が2012年に政策金利で初めてマイナス金利政策に移行。2014年に欧州中央銀行(ECB)やスイス国立銀行(中央銀行)などが続き、日本も2月に移行した。

◇知っていて損はない経済政策その②:ソーシャルクレジット

日本では、導入されていないが
マイナンバーカードが発行された今、ソーシャルクレジットという経済政策が打ち出される可能性は大いにある。

《ソーシャルクレジットとは》
財政政策の一環として、政府が国民に一定の与信枠を供与する手法。米ミシガン大学のマイルズ・キンバル教授が2011年に米国で提唱。米カリフォルニア州立大学バークレー校のブラッド・デロング教授は「ソーシャルクレジット」と名付けた。キンバル教授の提案では、2000ドルの与信枠を持つ政府保証のクレジットカードを国民に発行する。金利は6%程度で、返済期限は最長10年とし、与信枠は景気回復に連動する形で減らしていく。短期的な需要創出につながり、減税より効果的とキンバル教授は主張する。

◇知っていて損はない経済政策その③:ヘリコプターマネー

まさに『映画の世界』といえる政策案
日本人には合わないかもしれないが、欧米の雰囲気では現実化されるかも(笑)

《ヘリコプターマネーとは》
ヘリコプターからお金をばらまくように、国民に対して現金を配る政策。量的緩和やマイナス金利といった施策は中央銀行が実施するのに対し、ヘリコプターマネーは政府が実行する。経済学者のミルトン・フリードマンが1960年代に使った言葉だが、近年ではベン・バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)前議長が「デフレ克服にはヘリコプターからお札をばらまけばよい」と発言したことが有名。ハイパーインフレを招きかねないとして日本では極論とされてきたが、欧米では識者が導入を主張し始めるなど注目を集めている。

◇私たちも資産を増やす準備が必要である

世界各国が「デフレからの脱却」を目指し、様々な手(施策)を打つ今だからこそ
このビジネスチャンスを掴まなければいけない!!

ビジネスチャンスに上手く投資をし
私たち個人の資産を大きく膨らませられるかもしれません。

今話題の『クラウドファンディング』などでビジネスに投資し
資産構築のチャンスを掴むことで、乱高下する世界経済に影響されないお金持ちを目指しましょう!!

LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

maiko

コメントを残す