介護職員初任者研修の取得方法からおすすめ学校まで全部解決

LINEで送る
Pocket

介護職を中心とした派遣会社で営業をしていた矢島です。 今回は介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)について話して行きます。 まず、介護の資格で、まず取得するとなると「介護職員初任者研修」ですが 皆さんに知っていてほしいことが1つあります。 それは、介護は資格がなくても働けます! 「資格を取った方がいいの?」 「どうやって資格をとるのか?」 「いくらかかるの?」などを解決します。

1.介護職員初任者研修って何?

介護職員初任者研修とは、これから介護の仕事を始める人に、最初に取ってほしい資格です。 元々は「ホームヘルパー2級」の資格がありましたが、旧ヘルパー2級と呼ばれる「介護職員初任者研修」になりました。 身体介護をする上で必要とされてますが、「介護職員初任者研修」は介護を始める上で入門となる資格です。

1.1介護職員初任者研修って何を学ぶの?

カリキュラムとして、以下の形になります(130時間の講習)。

1 職務の理解(6時間) 2 介護における尊厳の保持・自立支援(9時間) 3 介護の基本(6時間) 4 介護・福祉サービスの理解と医療との連携(9時間) 5 介護におけるコミュニケーション技術(6時間) 6 老化の理解(6時間) 7 認知症の理解(6時間) 8 障害の理解(3時間) 9 こころとからだのしくみと生活支援技術(75時間) 10 振り返り(4時間)

詳細の参考URLhttp://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kiban/koza/syoninsyakensyu/kankeikitei.files/yo-ko-.pdf (東京都福祉保健局より) 時間の筆記試験は、ほとんどが合格基準を70点程度で選択式です。 万が一、不合格になっても、追試でほぼ全員が合格するというのが実態のようで ほぼ100%の方が資格を取れるようです

1.2受講料

学校によって異なりますが、6万~15万円です。 意外と高いですが、資格を無料で取得する方法も下記に記載してます!

1.3 受講期間

最短で3週間、長くても3,4か月です。

3週間…毎日(8時間/日)通った場合 3,4か月…週に1~2回(曜日固定可もあります。仕事との両立も出来るかと!)

取得する方法は2つあります。(必ず通学は必要になります)

①通学制(130時間すべて通学)

実際に、実施学校に通学して履修します。

②通信制(40.5時間)+通学制(89.5時間)

自宅でレポート提出と通学で履修します。

2.初任者研修は必要?

資格はあくまで働く幅を広げるためのもので、絶対に必要なものではありません。 では、なぜ資格を取る人がいるのでしょうか?

2.1資格がないと問題なのか

まず、資格が必ずしも必要ではありません。 介護は資格がないと働けないと思われている方が多いですが、半分正解で半分間違いです。 どういうことかというと 住宅型有料老人ホームや訪問介護などのサービスによって働けない施設がありますが 特別養護老人ホームなどでは働くことが出来ます。 中には、資格を取らず、働いて経験を経てから資格を取る方もいらっしゃいます。 資格を取るかどうかは、次に話す資格を取得するメリットを見てから判断してみて下さい!

2.2介護職員初任者研修を取得するメリット

介護職員初任者研修を取得するメリットは、大きく分けて3です。

①介護の基礎知識やスキルを身に付けることが出来る。

無資格では、仕事内容も利用者のこともわからず、不安に思うことや戸惑うことが多く、困ると思います。 ただ、介護資格があれば自信も持て、すんなりと仕事に入っていけます。

②介護職員初任者研修を持つことで、働く施設形態の幅を広げることが出来る。

→訪問介護(サービス高齢者住宅や小規模多機能ホーム等を含む)・住宅型有料老人ホームなど 介護度の低い施設や時間の融通が利く施設で働くことが出来る。

③給与UPとキャリアアップ

介護職員初任者研修を取得すると、下記の形で給与が上がります。

◆時給…おおよそ50~100円UP 介護福祉士は無資格と比べて、100円~200円UP

◆月給…おおよそ5,000~10,000円/月UP 介護福祉士は無資格と比べて、10,000円~25,000円UP また、キャリアアップとしても大きな一歩になります。 介護職の方であれば介護福祉士を目指すことも考える人も多いでしょう。 参考程度に介護福祉士を取得する流れも記載します。 多くは、実務経験ルートの実務者研修(介護職員基礎研修と喀痰吸引研修等)+3年間の介護経験を経た後、筆記試験を受け、取得する方だと思います。

3.介護職員初任者研修を取得する方法

方法は、大きく分けて4つです。

①資格援助のある介護施設からの援助を受ける

介護施設によっては、実施先が学校になっていることや提携先の学校があるため 無料や格安に取得することが出来ます

②ハローワークからの紹介で学校に行く

こちらは、無料で受けられる時期や条件があるので、費用を全額負担することも。。。

③資格援助のある派遣会社に登録をする

資格援助もあって人気な会社がこの会社です!

 株式会社ニッソーネットかいご畑

あまり知られていない派遣会社ですが、全国展開しており比較的求人も多い派遣会社です。 なにより、派遣会社でも数少ない資格支援を行っている会社です!

おすすめポイント

  • 介護の資格講座の受講料が0円になる『キャリアアップ応援制度』があります! (かいご畑に掲載されている派遣求人で就業が決定した場合)
  • 関東、関西、東海、中国、九州と全国のエリア毎に厳選された介護職の求人情報を6,000件以上掲載があります。
  • 介護の資格をお持ちでない方介護の資格をお持ちでない方もどんどんお仕事の提案をしてもらえる。

資格がない方からするとありがたいですね。 また、無資格や未経験の方でも働ける求人があると資格や経験がある方は時短勤務や日勤のみの仕事を抱えていることが多いです。

こんな方に登録をおすすめします

  • 資格を取って介護をこれからしていきたい方
  • 勤務条件に条件がある方
  • ブランクがあるが仕事復帰を考えているが勤務条件が難しい方

※関東、関西、東海、中国、九州地方にお住まいの方 (東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、  大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、  愛知県、岐阜県、静岡県、三重県、広島県、山口県、  福岡県、佐賀県にお住まいの方で、掲載求人の勤務地まで通勤可能な方)

おすすめ度:★★★★ 仕事数  :★★★★★ 時給   :★★★★
詳しくはこちら↓
3OK・日勤のみのお仕事多数! 介護専門求人サイトかいご畑

その他、派遣会社に関しては、こちらを参考にして下さい。



④資格実施の学校に申し込む(働いている施設に資格援助が無い方へ)

学校を行っている会社は沢山あって、わからないと思います。。。

そのため、資料請求でまとめて学校の検討が出来る会社を紹介します。

株式会社エス・エム・エス

「カイゴジョブ」などを運営している会社です。 「シカトル」は、介護・福祉・医療に特化した資格情報サイトです。
複数のスクールの講座案内を無料で一括資料請求することができます。

おすすめポイント

資格取得の会社でも、かなり有名なニチイ・三幸福祉カレッジ・未来ケアカレッジの3社の資料請求を まとめて出来るので、複数を検討して選べます!

受講詳細

金額:2万円~ 受講期間:3週間~

受講までの流れ

詳しくはこちら →介護・福祉・医療の資格を取るなら『シカトル』

4.まとめ

介護初任者研修を取得することをおすすめします。

年齢が若く、体力に自身がある時はいいですが、資格があればより収入や仕事先の幅を広げることで長く介護職を続けることが出来ます。

また、結婚などでブランクがあり、復帰する時に経験だけでは受け入れて頂ける施設も少なくなってしまいます。
それを助けるのも資格です。

介護を始めることで、悩んでいる方は働いてみてから取得も良いと思いますが、少しでも始める上で助けになることは間違いないです。 

LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

maiko

コメント

    コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください