投資の時代に?!法改正でクラウドファンディングが変わった

LINEで送る
Pocket

クラウドファンディングとは、「資金需要者(新規・成長企業)と資金提供者をプラットフォームと呼ばれるサイトを基に、インターネット経由で結び付け、多数の資金提供者から少額ずつ資金を集める仕組み」のことをいいます。

『おすすめ投資型クラウドファンディング』はこちら。

今投資方法として
大注目を集めているクラウドファンディングは、近年法律改正による規制緩和があり
日本でも今後ますます発展するであろう「画期的な投資基盤」であると見なされています。

ここでは、そんな経済発展を目的に法律改正された
流れと予想される今後の動向をご説明します。

「クラウドファンディング」、近年やっとこの「ワード」を耳にするようになりました。
クラウドファンディングのシステム自体は、それなりの歴史があるのですが(「クラウドファンディングの歴史」はこちら)
日本では、法律のしがらみがあり、なかなかその画期的なシステムが上陸できませんでした。

1.法改正で投資型クラウドファンディングに革命が!!

1-1.金融商取引法の改正

『2014 年金商法等改正法は、投資型クラウドファンディング(電子募集取扱業務)を行う業者に対する規制の整備(電子募集取扱業務に対する主な規制)に加えて、ある要件を満たす場合には、投資型クラウドファンディング業務への参入要件などを緩和する特例(=第一種少額電子募集取扱業者、第二種少額電子募集取扱業者)を設けることとしている。』
 
と言われても…理解しにくいですよね...
ですから

1-2.今回の法改正内容のポイントを簡単にまとめました

法改正の主なポイントは
  • 参入要件の緩和
  • 投資者保護のためのルールの整備

の2点にあります。

要件1:参入要件の緩和

運営会社の最低資本金を緩和させる点(株式モデルの場合、5000万円から1000万円に引き下げ)
「発行総額1億円未満、一人当たり投資額50万円以下」の勧誘であれば業種規制を課さない等といった内容になっています。

要件2:投資者保護のためのルールの整備

参入要件を緩和したことによりプレイヤーが増加し、消費者被害・トラブルを未然に防止する機能を有しており、「ネットを通じた適切な情報提供」や「ベンチャー企業の事業内容のチェック」などが課されることになります。

1-3.法改正により緩和される投資型のクラウドファンディング

従来は、基本的には【1】寄付型か【2】購入型のクラウドファンディングが多かったのですが、資金提供者が収益配分を受領できる可能性ある【3】投資型のクラウドファンディング市場の活性化が期待できることになります。(『クラウドファンディング類型とは?』

これによって、従来は半ば経済的な支援者のような気持ちで、夢のある事業に支援するような形式が目立っていましたが
今後は資金提供者が「投資」として行うことが促進されますので、より事業としてのクラウドファンディングを用いた資金調達としても色が濃くなることが予想されます。(『おすすめ投資型クラウドファンディング』

2.法改正により今後予想される動向

これらの法改正の影響から、投資型のクラウドファンディングのサービスが増加していくことは間違いがありません。勿論、「投資」であるため、資金調達した企業が想定していた収益を上げることができず、資金提供者の投資額が毀損するような事態も想定されます。

しかし、それでも尚、世界的デフレの今、個人投資で資産構築が基本になる時代がまもなく到来すると予想されます。

そうなった場合
世界経済に直接的に影響され、不安定さの拭えない「株式投資」よりも
クラウドファンディングを利用し、より安定的な「不動産投資」などを行う流れになると考えられ。

クラウドファンディング市場が今後ますます拡大していくでしょう。

そうした場合の最大のリスクは
悪徳クラウドファンディング会社が乱立し、詐欺被害なども発生してくるでしょう。

そうならないために「安心安全なクラウドファンディング会社」を見つけての資産構築が必須条件になります。

LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

maiko

コメントを残す